SEO
PR

今日のキーワードとSEO対策について思う事

deai
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

SEO対策って答えがないんですよね。少なくともgoogleで検索エンジンのアルゴリズムを考えてる人以外はみんな正しい答えなんかもってないのだと思います。

だから、X上でSEOは今こうだからこうしなきゃダメとか、こうしてないと危ないとか不安を煽るようなポストをよく見かけますが、それを鵜呑みにしないほうが良いですよという話です。だってその人達も答えを知ってるわけではなく、たまたまやった施策が、たまたまその人の扱ってるワードで成功しただけの話で、貴方の扱っているワードで同じようにうまくいくかはわからないからです。

実際、今って記事タイトルには左詰めでワードを埋め込めっていうのが常識みたいになってるじゃないですか?あれだって、本当に正しいかはわかりません。ちょっと前まではワードは完全一致させないほうがいいなんて言われていた時期もあって、その少し前は完全一致させた方がいいなんて時期もあり、何が正しいなんていうのは結局わからずじまいなのです。

ただ、そういう人たちの言う事だってもしかしたら正しい可能性もあるので、そこも全否定するのではなくて、自分でこれは正しいかなというところを抽出して参考にしていけばいいと思います。結局、最終的には自分の判断にはなると思います。そこでその情報が失敗だったとしても、それはそれで失敗したというデータが取れるわけだし無駄にはならないと思います。そういった知識の積み重ねで、100%の回答にはたどり着けないかもしれませんが、それに近い回答にたどり着けるかもしれませんからね。

 

と、SEOについて偉そうに語ってしまいましたが、私はSEOのことなんにもわかってません。多少アフィリエイトで売上はありますが、そんなものは担当さんが必死に単価を上げてくれてたのが大きいだけの話です。

あとは、選ぶキーワードをSEOの戦いがあまりないエリアを選ぶからです。

例えば女性なら「コスメ ブログ」ですね。これ、月間検索ボリューム4000超なのです。で、「コスメ ブログ」で検索した結果

どうです?戦えそうじゃないですか?今上位表示されているアメブロの内容と貴方の記事の内容を比べてみてください。がっつり戦えそうじゃないですか?ドメイン勝負なら同じアメブロでスタートさせればそんなに違いは出ません。あとは内容勝負です。それと今持ってるSEOの知識を総動員させて戦ってみてはいかがでしょうか?コスメ案件なら各ASPにたくさんあるし、なんならターゲットをもっと絞って、20代とか30代とか40代とか年代に絞ったり用途なども絞ったりすれば、アクセスは減りますがアクセスは濃くなりCVはあがります。

SEO対策が難しくなったと言われる昨今ですが、このようにキーワード選びで、まだまだ戦えます。作業量の比重をSEO対策やライティングからキーワード選びに移せばいいだけの話です。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
トラビス
トラビス
おじさん
おじさんアフィリエイターです。それ以上でもそれ以下でもありません。2008年より法人化。だらだらとこの世界で生きております。
記事URLをコピーしました